<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サプライズな出会い

こまつか苗さんがクリスタ長堀のアートマーケットに出店してるということで、
顔出しと差し入れに行ったら、偶然地元の作家さんと遭遇
しかも、ネット放浪中に一目で惚れた作家さん!
そして、苗さんともつながりがあったなんて!!

いやー偶然て素晴らしい。
ていうかネットって素晴らしい!かな。

田上山では水晶洞くつがあってよく登ったとか、
中仙道の宿場祭りだとか、
今年のイササ神社の灯り祭りは良かったとか。

そんな土地ネタで盛り上がりました(笑)
地元の作家さんに出会うなんてめったに無いこと
なので、ちょっと嬉しかった一日でした。

深尾竜騎アートギャラリー
[PR]
by s-lab | 2007-12-28 16:37 | そんなこんな | Comments(4)

マネキネコと高円寺裏通り猫展

◆ミクシィの【◎招き猫カードを送ろう。】コミュに、
sarry`s*Labの紹介をして下さるトピックが出来ました。
私も時々雑貨のお知らせ記事等で使わせて頂きます(^-^*)/

マネキネコのいろんなトピがありますよ。
猫グッズ好きなら是非一度覗いて見て下さいね!

コミュ


◆【たまごの工房企画展「高円寺裏通り猫展】
ギャラリーたまごの工房(東京都杉並区高円寺)
平成20年2月19日(火)~3月2日(日)(月曜休廊)
http://sky.zero.ad.jp/tamago/

10月にがま口展に参加しました「たまごの工房ギャラリー」にて
猫展が開催されます。
今度はがま口だけじゃなくていろんな雑貨が並びます。
詳細とDM情報などおいおいアップしていきますので
お楽しみに


4月から超ロングラン展示させて頂きましたギャラリー集の箱展が
12月末日でいよいよ終了です。
集では、2008年2月にミニ個展、3月に集猫展をします。
詳細がきまりましたら、お知らせしますね!

ギャラリー集
[PR]
by s-lab | 2007-12-18 23:28 | そんなこんな | Comments(2)

夜間飛行発売しました

マネキネコトピの前に少しお知らせです

◆ことのは出版 朗読CD(オーディオブック)で
長野まゆみさん著作『夜間飛行』のジャケットイラストを描く仕事をしました。

12/14、先行してapple iTunesストアにて販売開始しました。
現在は検索データのみです。
新発売ジャケットバナー発表されるのは1月9日からになります。

ことのは出版
[PR]
by s-lab | 2007-12-16 15:53 | そんなこんな | Comments(0)

冬の日

暫く浮いたり沈んだりな気分で過ごしていました。
休日の地元は空が高く、人が沢山歩いています。
そして、ワケもなくその風景が寂しく感じてしまうのは、
今が冬だからでしょうか。
製作やお店への顔出しに時間がせかされる事が救いです。

何故か急に油彩画を沢山描くことになって、
幾つかラフスケッチを描きました。
神様が応援してくれてるのかな。
しっかりしーって。

カレンダーが残り1冊で終了になります。
先日大阪のお店に顔出しに行った時に、丁度購入して頂いていて、
毎年カレンダーを楽しみにしているからと、嬉しいお言葉を貰いました。
そんな時はホントに嬉しいです。

そして、もう一つ、委託先に新しいお店が加わります。
先日建築中のお店を見においでと誘われて見に行って来ました。
素敵なディスプレー窓のある小さなお店です。
油彩画を描くことになった要因の一部はコレの為でもあるのですが
キャンバス絵を中心にコーナーが出来る予定です。
まだオープンは先ですが、、、
兎に角、描いて書いて作って造って、、、元気に行きたいと思います!

次は、来年東京高円寺で開かれる「裏路地猫展」とマネキネコのトピックについて書きたいと思います。
[PR]
by s-lab | 2007-12-11 19:37 | そんなこんな | Comments(2)

天体と宇宙の美学

f0023482_2203116.jpg

滋賀県立近代美術館に「天体と宇宙の美学」展を見に行ってきました。

作家
ギュスターヴ・ドレ、マックス・エルンスト、ジョアン・ミロ、パウル・クレー、ジョゼフ・コーネル、山口 薫、北脇 昇、難波田龍起、菊畑茂久馬、長谷川 潔、浜口陽三、駒井哲郎、深沢幸雄、恩地孝四郎、清宮質文、黒崎 彰、萩原英雄、日和崎尊夫、柄澤 齊、野村 仁、植松奎二 他

長野まゆみさん著「夜間飛行」に添えられたオブジェでも見た
ジョセフ・コーネルの作品もあり、楽しい。
立体コラージュでは、柄澤 齊の「Turning」に心奪われた。 

年代物の書物の黒い表紙が夜空に早変わり。
星がきらめき、真珠色の半月が昇り、流星が流
れている。貝殻と歯車や真鍮を組み合わせた
精巧な天体望遠鏡が、その星空を観察している。
小さな本の中に無限大の宇宙と天体観察の歴
史を封じ込めた詩的なオブジェ。

-「Turning」作品説明文より抜粋

そして、斎藤 修 木口木版画シリーズ
「ネヴァーランド・メリフリュウス」
真っ暗な宇宙に浮かぶ鉱物結晶群
どこかで見かけてずっと気になっていた作品に
偶然出会う事ができた。原画は迫力があって静かで、深遠。
見られて良かった。
http://www.galerie-miyawaki.com/Osamu-Saito10.htm

それぞれの人が想う宇宙が、作品の中で広がる。
想う心が製作品の中にまた別の宇宙を作る。
同じ夜空なのに。
不思議で楽しい。

滋賀県立美術館
http://www.shiga-kinbi.jp/index.html
[PR]
by s-lab | 2007-12-01 22:02 | そんなこんな | Comments(0)

タナベサオリ-そんなこんなな日々- Hpは www.sarrys-lab.com


by sa.
プロフィールを見る