<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

手作り帽子博覧会

f0023482_138371.jpg
4/27~5/23
大阪.東京にてクロバー企画「手作り帽子博覧会」に参加

展示スケジュール
4/27~5/2 ARTHOUSE (大阪)
5/8~5/12 エスモード・ジャポン大阪高
5/9~5/13 ヴォーグ学園大阪高
5/17~5/23 エスモード・ジャポン東京高 恵比寿

各所へ展示巡ります
恵比寿展示場では約240点の帽子が集まります!

油彩な帽子↓
f0023482_13173184.jpg
[PR]
by s-lab | 2006-03-31 13:19 | Exhibition | Comments(2)

雑誌情報

f0023482_8174992.jpg
情報誌 KyushuWalker 2006年2月14日発売号「国内外のかわいい雑貨がそろうセレクト店」特集に福岡の雑貨ショップミニョンとお店のオススメ雑貨としてボタンストラップが掲載されました。

ボタン:
オリジナルイラストを樹脂に封入した小作品です。樹脂はアクセサリィに用いるものと同様で形や色、台座のマーブル模様、そして最後に全体と染めるところまで、全てにおいて拘って製作している商品です。ボタンの形にする為に、仕事人の方の助けを得ながら1年と半年かけて企画完成しました。今ではs*Labの人気商品として定番化しています。
[PR]
by s-lab | 2006-03-24 08:29 | shop | Comments(0)

gallery

f0023482_12293033.jpg
S*Lab:gallery 1パネルに5点ずつ絵が入っています
サイトにイラストをアップしていくと、今どのくらい絵があるのか一目で解って、大変便利です。もちろんあまり古いものや、画像にするのが不可能なもの等、色々な理由で数は限られてはおりますが、、、それでも、サイトに上げるということは、大きさを揃えたり、拡張子を変換したりと、随分と面倒な作業です。でも、それでも、紙モノのイラストファイルを作るのとどちらがやり易いかといえば断然サイトで、結局s*Labをカタログツールとして色々と工夫しています。

作業しながら、絵を見ていくと、それぞれ思い入れ深く。其れを描くに至った状況や描いていた時考えていた事などが思い浮かびます。最終的に絵という体裁にまで至らなかった数多くのラフ画や、メモ。大切にしていきたいです。
[PR]
by s-lab | 2006-03-23 12:31 | そんなこんな | Comments(0)

帽子作り

先週から作りこんでいた帽子が仕上がりました。
クロバー企画の帽子展に出展するのです。
今回はアートハウス作家としての参加です、他にも、服飾専門学校の生徒の方々と、製品として服飾の仕事をされてる会社とアートハウスの作家が参加する帽子のショーです。基本的な型紙を戴いて、そこから自由に製作する。ちゃんと被れる実用的な帽子や、布の表情に凝ったものは他の専門の方々が作られると思うので、ココは一つイラスト作家らしい帽子にしてみようと、色々考えました。もうぶっちゃけ「被れなくてもイイ!」くらいの勢いです。

作り始めると、なんというかどうしても実用的なものにばかり目が行ってしまって、素材なんかも、おしゃれにしようとしてダメです。リネンやレース素材、ビンテージクロス。それらを手にとりたいキモチを押さえつつ、今回はぐっとシンプルに・・・コンセプトは帽子型のキャンバス。キャンバス素材で帽子を作って、そこに油彩で絵を描く。

もちろん無加工の布なので、実際のキャンバスの様には絵の具も乗らないから、まず、絵が描ける状態に下地を作らなくちゃいけないし、そもそも、家庭用のミシンでそんな厚いものが縫えるのかな・・・とか不安はありましたが、なんとか出来上がりました。う~ん なんとかなって良かった。審査OKだといいな。

帽子展の詳細などは又後日
[PR]
by s-lab | 2006-03-18 04:34 | 作る描く | Comments(0)

油彩道具 琥珀の調合油

f0023482_2142467.jpg油彩を描く時は、色々道具を並べますが、オイルは紙製のコップに使う分だけオイルを調合しています。今使ってる溶き油は、コーパルペインティングオイル。粘度があるので、薄め具合を見ながらテレピンオイルで調合します。

このコーパルは、琥珀という意味で、文字通り天然の琥珀樹脂を使用したオイルです。主に地中海沿岸(アフリカ等)から採れる半化石樹脂だそうです。200~300℃の高温で加熱後、乾性油に溶かし込むことで、ようやくテレピン等で希釈できようになるそうです。画材店などで販売しているのは、さらにこれにテレピン油などを加え使いやすくなったもの。今使用してるオイルに成分にも、スタンドオイル:37/コーパル樹脂:13/テレピン:50 等と書いていますね。

半化石樹脂というと何となく浪漫ですね。虫入りの琥珀は宝石などとして高価で取引されてますが、琥珀色の宝石が流体になったそのものといった感じです。オイル瓶のなかで揺れる様はとても綺麗です。

西洋絵画の画材と技法/天然樹脂 参照
[PR]
by s-lab | 2006-03-11 22:04 | 作る描く | Comments(0)

眠り猫のはんこと月猫ストラップ

f0023482_6444857.jpg
【眠り猫のはんこ】【月猫マグのはんこ】【moon catのはんこ】
【月猫ファブリックストラップ】それぞれアップしました。

s*Lab shop
[PR]
by s-lab | 2006-03-09 01:28 | shop | Comments(0)

ARTHOUSEへ雑貨旅立ちました

f0023482_10322.jpg
ARTHOUSE】大阪北堀江にあるギャラリィショップ。4月には帽子展に参加します。

・月猫ファブリックのストラップ
・眠り猫のスタンプ
・大津美紀さんとのコラボレートCD「花咲く道の猫」

等など 納めました。
[PR]
by s-lab | 2006-03-09 01:00 | Comments(0)

眠り猫のスタンプ

f0023482_1134442.jpgスタンプの新作【眠り猫】が出来てきました。今回の台材はキハダです。ミカン科の落葉高木で家具等の他樹皮は薬にもなるそうですよ。

ストラップともども今アップ準備中です。
[PR]
by s-lab | 2006-03-07 01:23 | 作る描く | Comments(0)

月猫いっぱい

f0023482_23532847.jpg出来ました。
絵の部分、ピンセットでつまんで丸ペンで描いてます。ちっちゃくて、コロンとしてて可愛いらしいです。
[PR]
by s-lab | 2006-03-03 23:57 | 作る描く | Comments(0)

月猫チャーム作り

f0023482_11266.jpg布モノストラップの数を急遽増やすことになって、作っておいた月猫チャームが無くなってしまった。急ぎ再製作に取り掛かる事にする。写真は樹脂粘土を練って棒状に伸ばし成型した状態。


f0023482_132969.jpgこれを焼いて月猫の絵をいれると出来上がり。焼く前は普通に粘土の色だけど、焼くと乳白色っぽい透明感がでます。但し、練りが足りないと焼いてる時に割れたりヒビが入ってしまうため、そこはじっくりと。。。
[PR]
by s-lab | 2006-03-03 01:12 | 作る描く | Comments(0)

タナベサオリ-そんなこんなな日々-


by sa.
プロフィールを見る