カテゴリ:作る描く( 206 )

音とか歌とか

CMボイス等でも活躍されてるシンガーソングライターの大津美紀さんとコラボレーションする事になりました。製作にあたり、デモ音源を聴かせて頂きましたが、とても透き通った儚い歌声と切ないメロディがステキです。電話する度にあまりの声の可愛さに、私は何故か微妙に照れてオッチャンになってしまう...(笑)
製作は順調に・・・詳細はまた後日
[PR]
by s-lab | 2006-02-08 12:04 | 作る描く | Comments(0)

Button

f0023482_2221940.jpg
ボタン新作製作開始しました。

イラストや絵をただ飾って眺めるのじゃなくて、手元に置いたり持ち歩けたらいいなぁ。って思っていました。樹脂に絵を封入してボタンにしたら、いろんな雑貨にアレンジできるし、きっと楽しい。そう思って始めたボタンでしたが、気付くとNo.98。ボツにした品番もあわせると180種ほど作っていました。
ボタンを小さな額に見立てて絵を飾る様に・・・。絵の見え具合とか封入上部の樹脂の盛り上がりとか、封入仕事人さんには随分我侭や無茶な注文を聞いて頂いて本当に感謝しています。
作りたい雑貨や作品はすごくあって、でも実際に作る事が出来たモノはほんの少し。いろんなタイミングとか、人とか、運とか素材との出会いとか、そんな様々な奇跡の先に生まれて来るモノ。
f0023482_2214230.jpg
2004年の個展「ソラネコ」では、逆にそのボタンを素材に作品を作りました。ポストカードサイズの額縁に入れて、布や糸で背景を作って、風景にしたり、幾何学模様に浮かぶアクセントにしたり・・・ボタンの中の小さな世界とか、額縁の中の風景とか、そういった切り取られた箱庭みたいな世界に浪漫を感じます。
[PR]
by s-lab | 2006-01-30 22:04 | 作る描く | Comments(0)

ミシン

f0023482_21174715.jpg

布小物は布の手触りが好きで色々作ってみています。
ストラップとか、コースターとか、携帯ポーチとか、、、
ウチにあるミシンだと基本的なものしか縫えないから、分厚いものや薄すぎるもの、素材的に特殊な部分だけは、専門の方にお願いしてます。例えば携帯ポーチの持ち手の返し部分とか。返して折って、重ねて一緒に縫う。ウチのミシンじゃとても手におえません。一緒にやってくれる仕事人さんは、もともとDTPを経て縫製の方に進まれてるので、私の果てしなく右脳でイメージな説明でもとても良く解ってくれるからスゴク有難い。
今日は次回作の説明を少しして素材のサンプルを選びました。
[PR]
by s-lab | 2006-01-30 21:19 | 作る描く | Comments(0)

小さい物から


f0023482_164363.jpg
作り始めの雑貨はストラップで。
年をあけると、冬物でもピンク色を取り入れたり、何となく春っぽい感じが良くなるのが不思議。サップグリーンの大粒硝子ビーズも年末には手にも取らなかったのに、色々使いたくて早速Tピンを通してみる。
春に向かう冬のストラップは、大粒ボタンに柔らかな色味の可憐な珠を集めて小品にしてみようかな。二つ折りの小さめな携帯にも似合うような、そんな大きさで。
[PR]
by s-lab | 2006-01-11 01:07 | 作る描く | Comments(2)

ボタンの裏

f0023482_22343945.jpg

そろそろ絵が溜まって来たので、ボタンの製作を考えようかなと思う。
今月半ばに仕上がったばかりなのだけど、絵を加工してから仕上がりまでとても時間がかかるので、早め早めに準備しておく。

ボタンはもちろんいろんな工程を経て出来てるのだけど、私が実際会うのはボタンの上部の絵の封入をして頂いてる方で、そこからまた、ボタン台座の製作する人や、穴をあける人、磨く人と、私の絵は長い旅に出て、ボタンになって帰ってくる。チェックをして、損傷や仕上がりに問題があったらもう一回り。

ウチのボタンは正面から開いてるのじゃなくて、裏側にボタンに平行に開くタイプなので、これを私がやるのは凄く大変だし、頑張って出来たとしてもとてもボタンの価格で販売することは出来ないだろうなと思う。なので、こういう事してくれる方は本当に有難い。実際ボタン穴はもちろん機械を使ってやってるそうなのだけど、そこはめちゃめちゃアナログで、1個1個、人が穴を開けてるらしい。なんとなく、どこかの工場で、何人かが坐ってドリルで穴あけしてる姿を想像してしまう。(実際はどうか知らないけど)

手元に届いたボタンは、TピンやQピンを通してストラップやアクセサリーに加工する為に裏穴の角度によってより分ける。角度が色々になってるのも手仕事の故。そこで、「1ミリ違わずまっすぐして下さい」じゃなくて、この角度を活かした雑貨は何かと考えるのも腕の腕の見せ所。色々な工程を経てわたってきた仕事に負けない様に、私も頑張らなくては。と思う。
[PR]
by s-lab | 2005-12-27 22:35 | 作る描く | Comments(0)

はんこ

形成をお願いしていたはんこが届きました。
いつも通り素晴らしき可愛さです。
ショップ作業只今準備中です。f0023482_2361910.jpg

イラストと雑貨の違いって手のひらで転がせるかどうかの分かれ目だと思う。
手にとれる形になると途端に可愛くなるのも不思議。
スタンプのマコトクラフトさんは、1点1点手作りのとってもあったかな仕事をされるはんこ職人さん。Sarry`s*Labのショップ用はんこもすべてココで作ってもらっています。

ぼちぼちですが、あったかな仕事をしてもらえる仕事人さんと、もっと知り合って、色々コラボできたらいいなぁと思います。
[PR]
by s-lab | 2005-12-19 23:07 | 作る描く | Comments(2)

タナベサオリ-そんなこんなな日々-


by sa.
プロフィールを見る